プロのメイク技術を家庭で|肌の負担を重視した化粧品ランキングからアトピーに優しいものを選ぶ
レディー

肌の負担を重視した化粧品ランキングからアトピーに優しいものを選ぶ

プロのメイク技術を家庭で

レディー

手を汚さないメイク術

絵画制作の経験がある人なら、エアブラシはなじみ深い道具の1つです。エアブラシは、液体を霧状に噴霧することのできる道具です。コンプレッサーによって圧縮された空気をノズルから発射すると、セットされた絵の具がカンバスなどに吹き付けられます。空や雲など微妙な表情を生み出したり、ぼかし効果を与えたりするのに適しています。このエアブラシですが、最近はメイク道具としても利用されています。リキッドタイプのファンデーションを器具にセットし、肌に吹きつけることで簡単にベースメイクができ上がります。手を汚さず、短時間で広い面を塗ることができるというメリットがあります。さらに仕上がり自体も、手塗りでは得られない美しい質感が表現できます。

ムラのない美しい仕上がり

スポンジや刷毛などを使ってファンデーションを塗る場合、力加減によってどうしても塗りムラができてしまいます。特に毛穴の目立ちやシミなどを隠そうとすると、知らず知らずのうちに厚塗りとなり、仕上がりがいびつになってしまいます。しかしエアブラシを使えば、ムラなく均一な下地を簡単に作ることが可能になります。重ね塗りも全体の仕上がりを見ながら吹きつける回数を増やしていけばいいので、ごく自然なグラデーションを表現できます。このエアブラシですが、テレビや雑誌の撮影現場などでは以前から使用されていました。それが現在では、セルフメイク用のグッズとして手軽に購入できるようになっています。プロの仕上がりを家庭でも再現できるようになったのです。